Page 2 of 3

芸術家たちが、これほどまでにしばしば革命的政治へと引き込まれていったのはなぜなのか

前衛主義の思想史 前衛主義的習慣から社会理論を切り離すこ…

ニューヨークはモダンアートの理念を盗んだのだ

二度の世界大戦において、米軍が二度ヨーロッパを救ったとい…

飢えて死ぬ子供の前で文学は有効か

『ルモンド』紙は記事の冒頭に、<私は絶望していないし、い…

おそらくここに、現代芸術の秘めている危険性の第一の理由がある

戦争と平和のこのような世界的交配のなかにあって、「芸術意…

進行する限りにおいて完成され続ける純粋なる<過程>

この世界においては、(たとえ、融資の構造によるものでない…

遊離した創造は嫌いだ

他の連中は作品を差出すがいい、私はここに私の精神以外のな…

芸術論の可能性の枯渇の期日を新たに設定することに耐えなければならない

現代の芸術家は二つの様式によって沈黙を擁護する──声高の…

新しい生を創造することができなければならない

対抗的である人びとは、みずからの人間的条件の局地的かつ個…

こうした管理が革新や経済発展を阻害する

二つ目の例は、破壊的な影響力をもつ政治的・経済的管理の形…

美学のパラダイムに向けて漂流すべきなのです

芸術のマッピングは常に、すべての社会の骨組みにとって本質…